宇都宮市のひらしま胃腸・内科|経鼻胃カメラ検査 大腸内視鏡

宇都宮市のひらしま胃腸・内科 経鼻胃カメラ検査 がん検診 特定健診 消化器内科 胃腸内科 内科 内視鏡内科

内科 消化器内科 胃腸内科 内視鏡内科

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査も胃カメラ検査と同様、大腸の中をカメラで直接見る検査になります。

大腸内に病気がないかの確認に加えて、色や状態から患者さんの腸の状態を診断していきます。

大腸内視鏡検査で
発見・診断できる病気

炭酸ガスでおなかの張りを軽減
不快感の少ない検査

大腸内視鏡検査では、正確に大腸内を観察するために、大腸に空気を送り膨らませなくてはいけません。

しかし、送り込んだ空気が検査後もなかなか抜けず、患者様に不快感が残ることがありました。

当院では、炭酸ガス送気装置を用いて検査をおこなっております。

炭酸ガスは空気に比べて極めて生体吸収性に優れている(空気のおおよそ200倍吸収され、肺呼吸により排出されます。)ため、検査後のおなかの張りを軽減する効果があります。

当院では患者様の負担を少しでも和らげるため、炭酸ガスを使用して大腸内視鏡検査を行います。

出血が少ない
身体にやさしいポリープ切除

 

従来のポリープ切除方法が、ワイヤーで絞りながら通電切除するものであったのに対し、通電せずにワイヤーだけでポリープを切除する治療法です。

通電しないことで、出血や穿孔(穴があく)などのリスクが非常に少なくなり、安心して外来のみの通院で治療可能です。

また、従来の方法では抗凝固剤(血液をサラサラにするお薬)を服用されている方は、治療前に休薬の必要がありましたが、コールドポリペクトミーであれば出血がほとんどないため、抗凝固剤を服用中の患者様も安心して治療可能となりました。

以前にポリープがあることが分かっている方、初めて受ける方でも、ポリープがあるなら切除して欲しいという方は、是非当クリニックでの検査を受けてみてください。

治療のために何度も来ることなく、検査しながら治療が可能です。

当院院長も試してみました!

患者さんの立場にならなければ、気持ちもわからない。ということで、院長も大腸内視鏡を実践しました。

検査の時、カメラが入っている感覚や、どうすれば苦痛が少ないか、院長自ら身をもって体験することで、患者さんにはより快適に大腸内視鏡検査を受けていただきたいと思っております。

検査の流れ

1. 受診
まずは外来を受診していただき、症状をお聞きしながら医師が診察をいたします。
ご希望に沿って検査の予約をいたします。その後医師・看護師より検査について詳しくご説明させていただきます。
2. 検査前日
原則、食事は当院で指定したもの(検査食)を取っていただきます。
夜は9時までにお食事を済ませていただき、それ以降は水かお茶の摂取のみにしてください。
3. 検査当日
来院していただいてから下剤を飲んでいただき、院内の専用個室で何回か排便をします。
※下剤はご自宅で飲んでいただくことも可能です
服用する下剤についてはいくつかの種類があります。こちらを参照ください。
便が透明になれば検査が可能です。
検査時間は、10~15分ほどです。
ポリープの切除を行う場合、少々お時間がかかります。
4. 検査後は安静に
鎮静剤を使用しない方はそのまま帰宅できます。
鎮静剤を使用された方は院内にて1~2時間お休みいただきます。
5. 検査結果のご説明
撮影した画像を直接みて頂き、検査の説明をさせて頂きます。
また、ポリープの切除を行った方は、1週間後にまた来院していただき、検査の結果をご説明いたします。
6. 検査後に気を付けること
検査の結果異常が見つからなければ、通常通りに過ごしていただいてかまいません。
ポリープの切除を行った方は、検査後4-5日、アルコールや香辛料など刺激の強いものは控えてください。
出張やご旅行も控えて頂き、なるべく消化のいいものを召し上がってください。

検査でのご注意点

定期的な大腸内視鏡検査で、
大きな病気を予防しましょう

大腸内視鏡検査は、胃カメラ検査以上に敬遠されがちな検査です。

恥ずかしい、痛いかもしれないなどの不安を多く抱えている患者様が多いです。

しかし、大腸がんで亡くなる方の数は年々増えており、特に女性の癌死では第1位と最も多くなっています。予防、早期発見のためにも大腸内視鏡検査はとても大切です。

なるべく苦しくなく、楽に検査を受けていただけるよう心掛けておりますので、是非定期的な検査を受けるようにしましょう。