宇都宮市のひらしま胃腸・内科|経鼻胃カメラ検査 大腸内視鏡

宇都宮市のひらしま胃腸・内科 経鼻胃カメラ検査 がん検診 特定健診 消化器内科 胃腸内科 内科 内視鏡内科

内科 消化器内科 胃腸内科 内視鏡内科

ピロリ菌検査
(尿素呼気試験)

当院ではピロリ菌のチェックに非常に簡単で精度の高い、尿素呼気試験(UBT:Urea Breath Test)を行っております。

ピロリ菌の検査には、胃カメラを使った方法と使わない方法がありますが、尿素呼気試験は胃カメラを使用せず、簡単に時間もかからず行えて、なおかつ精度が高いとされています。

ピロリ菌についての詳細はこちらでご説明しております

尿素呼気試験法

ピロリ菌が持つウレアーゼという酵素により、胃の中の尿素を分解して、アンモニアと二酸化炭素を生成します。

尿素の分解により、アンモニアと同時に生じた二酸化炭素は速やかに吸収され、血液から肺に移行し、呼気中に炭酸ガスとして排泄されます。

尿素呼気試験は、この原理を利用して行うもので、まず検査薬(13C-尿素)を患者さんに服用して頂きます。

ピロリ菌に感染している場合では、尿素が分解されるため呼気に13CO2が多く検出されることになります。

一方ピロリ菌に感染していない場合では、尿素が分解されないため13CO2の呼気排泄はほとんど起こりません。

食事をせず絶食でお越し頂ければ、20分程度でピロリ菌感染しているかを判断できます。
※基本的に、普段服用している内服薬も飲まずにお越しください。

除菌をした後のチェックにも

特にピロリ菌除菌後にしっかり除菌できたかを評価するときには、便を調べるよりも尿素呼気試験の方が有用性が高いと言われています。

除菌したけど、本当に除菌出来ているか心配だ!という方にもお勧めの検査方法です。
是非ご相談ください。