宇都宮市のひらしま胃腸・内科|胃カメラ検査(胃内視鏡検査) 大腸内視鏡

宇都宮市のひらしま胃腸・内科 胃カメラ検査(胃内視鏡検査) がん検診 特定健診 消化器内科 胃腸内科 内科 内視鏡内科

内科 消化器内科 胃腸内科 内視鏡内科

医師紹介

院長
医学博士 平嶋 勇人(ひらしま はやと)

ご挨拶

<開業3周年にあたり>

令和3年10月4日、無事に開院3周年を迎えることが出来ました。

『石の上にも3年』・・・先人の方々は良く言ったもので、少しずつですが、地域の方々に認知してもらえるようになり、頼ってくれる患者様も日に日に増えてくれているように実感しています。

3年前の開院当初、毎日のように感じた何とも言えぬ焦燥感や、不安感は薄れ、私は何をすべきか、少しずつですが分かってきた気がしています。


昨年度同様で検診受診控えや診療控えが続いた中でしたが、『口コミをみて、思い切って内視鏡検査を受けてみようと思って来てみました。』、『症状は前からあったのですが、不安でなかなか検査をしようと思えなかった、検査を受けるなら先生のところで!』、と言った嬉しいお言葉を頂けることが多くなり、やはり私の使命としては、当初掲げた【内視鏡を通じて地域に貢献したい】ということに尽きると再確認した1年だったと思えました。


初年度は上部内視鏡:916件、下部内視鏡:407件 だったのものが、
2年目は上部内視鏡:1159件、下部内視鏡:531件
3年目は上部内視鏡:1642件、下部内視鏡:888件と年を追う毎に順調に増え、現在まで合計5543件の内視鏡診療をさせて頂きました。

50万人都市の宇都宮市全体からみれば、非常に微力ではあるものの、継続することで引き続き、地域の胃癌・大腸癌撲滅に貢献出来ればと思っています。また、それこそが私の使命であると思っています。


最後に、この1年も世間はコロナ禍真っただ中でした。

新型コロナ感染で苦しい思いをされた患者様も多くいらしたでしょうし、その方々を支えてくれたコロナ診療最前線で戦ってくれている先生方には頭が上がりません。本当にありがとうございます。

本来我々開業医が率先すべき事態だったしょうが、私どものような狭いクリニックでは、発熱者と非発熱者の導線を分ける、などの対策をとれるはずもなく、唯一可能だったのは、非常に微力ながらワクチン接種をさせていただくことしかできませんでした。本当に申し訳ありません。


ようやく緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ終息は先になりそうです。幸いにも当クリニックスタッフは一人も休むことなく診療に携わることが出来ました。強制したつもりはないものの、各々が医療人として感染対策や自粛生活を意識してくれた結果であると思います。

開院当初は私を含め5人のスタッフでのスタートでしたが、今では総勢13人となりました。多くの患者様の外来診療や、内視鏡検査が出来ているのも、そうしたスタッフの日々の努力の賜物と改めて感謝しています。

そして、なによりも開業当初より一人も欠けることなく私を支えてくれるオープニングスタッフへ、本当にありがとう。

令和3年10月吉日

院長経歴

出身大学 昭和大学
経歴
  • 平成13年 昭和大学医学部 卒業
  • 平成13年 昭和大学附属豊洲病院 消化器内科 入局
  • 平成18年 早期胃癌検診協会 医員
  • 平成19年 昭和大学附属豊洲病院 消化器内科 員外助手
  • 平成20年 会津中央病院 消化器内科 副部長
  • 平成21年 会津中央病院 消化器内科 部長
  • 平成24年 宇都宮記念病院 消化器内科
  • 平成25年 宇都宮記念病院 消化器内科 科長
  • 平成28年 宇都宮記念病院 内視鏡センター長
  • 平成30年10月より ひらしま胃腸・内科 を開院
資格
  • 医学博士
  • 日本消化器内視鏡学会 関東支部 評議員
  • 日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本内科学会 認定内科専門医
  • 日本がん治療学会 認定医
  • 日本ヘリコバクター学会 認定医
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化管学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本ヘリコバクター学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器がん検診学会
  • 日本胃癌学会
  • 日本がん治療学会

院長業績紹介

原著論文

論文

講演

学会・研究会発表

2018
2018年9月2日 第78回日本消化器がん検診学会関東甲信越支部地方会
『アンサーパッドを用いた症例検討会』コメンテーター
2017
第55回日本消化器がん検診学会(JDDW2017)fukuoka 優秀演題
平成29年10月12日 『極細径内視鏡による胃がん検診精度からみた今後の課題とあり方』
<共同演者>
第96回日本消化器内視鏡学会(JDDW2017)fukuoka
平成29年10月14日 『1』
<共同演者>
第55回日本消化器がん検診学会(JDDW2017)fukuoka
平成29年10月14日 『当院でのLinked Color Imagingを用いた細径内視鏡検診の検討』
第93回日本消化器内視鏡学会総会 主題演題『パネルディスカッション4』
平成29年5月11日『極細径内視鏡による胃がん検診の精度からみた胃内視鏡検診の課題と今後のあり方』
第93回日本消化器内視鏡学会総会 <ポスターセッション P-222>
平成29年5月12日 『80歳以上の高齢者における胃ESDの功罪』
2016
第54回日本消化器がん検診学会 大会(JDDW2016)
平成28年11月6日『当院での極細径内視鏡による胃がん検診の精度』
第7回栃木ESDフォーラム
平成28年11月17日『当院でのESDの現状と課題 最近の取り組み』
2015
第101回日本消化器内視鏡学会関東支部例会
平成27年12月12日『当院での細径内視鏡による胃がん検診の精度』
第6回栃木ESDフォーラム
平成27年11月5日『当院でのESDの現状と新しい取り組み』
第46回栃木県癌治療懇話会
平成27年7月11日 『当院における治療内視鏡の現状と展望』
第155回日本消化器内視鏡学会東北支部例会
平成27年7月11日 『当院における早期胃癌・内視鏡的剥離術(ESD)の長期予後の検討』
第54回日本がん検診学会 総会
平成27年6月5日 『当院での細径内視鏡による胃がん検診の精度』
第61回栃木県消化器内視鏡研究会
平成27年3月14日 『当院での細径内視鏡による胃がん検診の精度』
2014
第18回栃木県腸疾患研究会
平成26年11月『逆行性小腸二重造影検査にて病変の拡がりを同定しえた小腸クローンの1例』
第88回日本消化器内視鏡学会(JDDW2014)
平成26年10月 『当院での早期胃癌・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の治療成績と今後の課題』
第5回栃木ESDフォーラム
平成26年9月 『当院の治療内視鏡の現状と問題点』
2013
第88回栃木県治療内視鏡研究会
平成25年11月 『当院での治療内視鏡の現状と展望』
第86回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2013)
平成25年10月 『治療困難病変に対する工夫-マルチベンディングスコープの使用経験』
第86回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2013)
平成25年10月 『当科の大腸腫瘍におけるESDの検討』
2012
第84回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2012)
平成24年10月『早期胃癌・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の長期成績の検討』
第148回日本消化器内視鏡東北支部例会
平成24年2月 『当院での早期胃癌・内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の治療成績の検討と今後の課題』
第189回日本消化器病学会東北支部例会
平成22年7月 『高齢者における早期胃癌・内視鏡治療の安全性と有効性』
第78回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2009)
平成21年10月 『白色調0-Ⅱa型早期食道癌の1切除例』
第187回日本消化器病学会東北支部例会
平成21年7月 『食道・胃静脈瘤を有するアルコール性肝硬変患者に発生した食道sm癌のESD施行例』
第143回日本消化器内視鏡学会東北支部例会
平成21年7月 『下血で発症し、カプセル内視鏡とダブルバルーン内視鏡で診断した小腸GISTの1切除例』
第46回 日本消化器がん検診学会
平成19年6月1日-2日 京都テルサ
附置研究会3 胃内視鏡検診標準化研究会『見逃しと対策・検査精度』
『見逃しとその対策-胃内視鏡検査の標準化にむけて-』 財団法人早期胃癌検診協会 平嶋勇人
第73回 日本消化器内視鏡学会
平成19年 5月9日-11日グランドプリンスホテル新高輪
ワークショップ3 上部消化管内視鏡 –少ない苦痛、少ない危険、少ない見落としのための工夫-
W3-9 見逃しの要因とその解決策 財団法人早期胃癌検診協会 平嶋勇人
第270回 日本消化器病学会 関東支部
平成14年7月13日 神奈川県民ホール
形態学的に診断が困難であった虫垂粘液嚢胞腺腫の1例 昭和大学附属豊洲病院 消化器科 平嶋勇人

共同執筆

メディア

座長

このページの先頭へ戻る