内視鏡内科 内科 消化器内科 胃腸内科 ひらしま胃腸・内科|宇都宮市 経鼻胃カメラ検査 大腸内視鏡検査 ピロリ菌除菌 がん検診 特定健診

宇都宮市のひらしま胃腸・内科 経鼻胃カメラ検査 がん検診 特定健診 消化器内科 胃腸内科 内科 内視鏡内科

内科・消化器内科・胃腸内科・内視鏡内科

宇都宮市のひらしま胃腸・内科の診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:30、14:30~18:45|土曜は9:00~12:30、14:30~16:30|水曜、日・祝は休診

宇都宮市のひらしま胃腸・内科の電話番号028-657-7117

宇都宮市のひらしま胃腸・内科は駐車場50台をご用意しております

眠ったままできる内視鏡検査

胃カメラ(胃内視鏡検査)、大腸内視鏡検査。病気の早期発見にはどちらもとても大切な検査ですが、 内視鏡検査は苦しい、痛いというイメージが強く、検査を受ける受けることを嫌がる患者さんが多くいらっしゃいます。

そんな患者様に少しでも楽に内視鏡検査を受けていただけるよう、当クリニックでは、眠った状態で受けていただける内視鏡検査も行っております。

鎮静剤により、いつのまにか終わる内視鏡検査

鎮静剤を使用し、患者さんは眠ったまま内視鏡検査を受けることができます。
起きたら検査が終わっているというもので、患者さんは検査中の苦しさをほとんど感じずに検査を終えることができます。

初めてで不安だという方も、以前内視鏡検査を受けて苦しかった、痛かったという方も、ぜひ経験してもらいたい、とても楽な内視鏡検査になります。
鎮静剤の効果は短時間ですが、リカバリールームで十分休んで頂いた後に、検査後の説明を受けて帰宅となります。

落ち着いた状態なので、精度の高い検査を提供できます

検査の時、苦しかったり痛かったりすると、体が緊張して力が入ってしまったりします。
そして、苦しそうな患者さんをみて、医師としてもなるべく早く終わらせてあげたいものです。

鎮静剤を使用しますと患者様はリラックスした状態になりますので、医師も十分に観察でき、より精度の高い検査を行うことができます。

ご注意点

眠ったままの内視鏡検査では鎮静剤を使用しますので、ご自身でお車を運転してのご来院はお控えください。当院では可能な限りのお付き添いをお勧めしております。
どうしてもお一人という場合には、タクシーの利用をお願いします。

経鼻胃カメラ検査(内視鏡)

当院では従来の口からカメラを挿入する経口胃カメラ検査に加え、鼻から細いカメラを挿入する経鼻胃カメラ検査も行っております。
鼻からの胃カメラ検査は、嘔吐反射(おえっという感覚)が少なく経口に比べ楽な検査です。

鼻からの胃カメラは、嘔吐反射する部分を触らないので口からに比べ楽な検査になります。

それでもカメラが入っている感覚が苦手だったり、怖いという方には、鎮静剤を使用いたします。
ほとんど苦しさを感じずに寝て起きたら検査が終わる、眠ったままの胃カメラ検査を受けてみてください。

当院で行う胃カメラ検査の詳細はこちらをご覧ください

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査も、眠ったまま受けていただけます。

当院で行う大腸内視鏡検査でも、鎮静剤を使用した眠ったままの検査を受けていただけます。

大腸内視鏡は、胃内視鏡検査以上に患者さんが敬遠される検査です。
おしりからのカメラ挿入は、恥ずかしいですし、不快に感じて当然でしょう。当院では内視鏡学会指導医である院長が検査を担当し、極力苦痛が少ない挿入方法で行いますが、それでも、お腹の手術をされている方や、過度に緊張してしまっている患者様、過去に非常に辛い思いをされた方に、鎮静剤を使用して、気がついたら終わっている大腸内視鏡検査を提供しております。

当院で行う大腸内視鏡検査の詳細はこちらをご覧ください

定期的な検査だからこそ、楽に受けてほしい

一度きりであれば、検査の苦痛を我慢しようという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、内視鏡検査は健康に暮らしていくためには定期的に受けていただきたい検査です。

患者さんに負担がないまま、しっかりと健康管理ができるよう、ぜひ苦痛の少ない眠ったままの内視鏡検査を受けていただければと思います。

病気のコラム
ピロリ菌
逆流性食道炎
機能性ディスペプシア
胃けいれん
胃腸炎
胃潰瘍
過敏性腸症候群(IBS)
大腸がんについて
高血圧
宇都宮市屋板町のひらしま胃腸内科は医療機関との連携を図っております。医療従事者の方はこちらのページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る