内視鏡内科 内科 消化器内科 胃腸内科 ひらしま胃腸・内科|宇都宮市 胃内視鏡検査(胃カメラ検査) 大腸検査(大腸内視鏡検査) ピロリ菌除菌

宇都宮市のひらしま胃腸・内科 経鼻胃カメラ検査 がん検診 特定健診 消化器内科 胃腸内科 内科 内視鏡内科

内科・消化器内科・胃腸内科・内視鏡内科

宇都宮市のひらしま胃腸・内科の診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:30、14:30~18:45|土曜は9:00~12:30、14:30~16:30|水曜、日・祝は休診

宇都宮市のひらしま胃腸・内科の電話番号028-657-7117

宇都宮市のひらしま胃腸・内科は駐車場50台をご用意しております

舌下免疫療法とは?

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。

アレルゲン免疫療法は、100年以上も前から行われている治療法です。

主には、アレルゲンを含む治療薬を皮下に注射する「皮下免疫療法」が行われていますが、近年では治療薬を舌の下に投与する「舌下免疫療法」が登場し、自宅で服用できるようになりました。

「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができますので、まずは外来を受診ください。

服薬期間の例

1日1回、少量の治療薬から服用をはじめ、その後決められた一定量を数年間にわたり継続して服用します。

初めての服用は、院内で院長が投与させて頂きます。約30分程の間、リクライニングチェアーにて様子観察をさせて頂きます。そこで問題なければ、2日目からは自宅で服用します。

舌下免疫療法を始めるのは、花粉のシーズンが終わった頃がベストなタイミングです。花粉シーズン真っただ中では効果が期待できませんので、早めに治療を開始して、シーズンに備えていきましょう。

期待できる効果

長期にわたり、正しく治療が行われると、アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。症状が完全におさえられない場合でも、症状を和らげ、アレルギー治療薬の減量が期待できます。

早い人では、翌年のスギ花粉の飛散時期から、効果が出る方もいらっしゃいます。

副作用

副作用としては、やはり口腔内に停滞させるために、以下の症状が出ることが報告されていますが、いずれも軽微なものです。

  • 口の中の副作用(口内炎や舌の下の腫れ、口の中の腫れ、かゆみ、不快感など)
  • 唇の腫れ
  • 咽喉(のど)のかゆみ、刺激感、不快感
  • 耳のかゆみ
  • 頭痛 など

ですが、極まれですが、重大な副作用として以下があげられます。

  • アナフィラキシーショック*
*アナフィラキシーショック

医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、蕁麻疹などの皮膚症状や、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然のショック症状(蒼白、意識の混濁など)が見られます。

対応策としては、初回投与の際には必ず院内で、経過観察をすることが肝心です。

ですので、当院でも初回投与の患者様には、院内で投与後30分までは経過観察をさせて頂きます。

毎年花粉に悩まされているという方は是非ご相談ください

「舌下免疫療法」は、スギ花粉症またはダニアレルギー性鼻炎と確定診断された患者さんが治療を受けることができます。

当院で採血を行っている方はもちろんのこと、他院で既に検査されている方は、アレルギーチェックの結果をお持ち頂ければ投薬可能です。

病気のコラム
ピロリ菌
逆流性食道炎
機能性ディスペプシア
胃けいれん
胃腸炎
胃潰瘍
過敏性腸症候群(IBS)
大腸がんについて
高血圧
脂質異常症
肥満症
糖尿病
宇都宮市屋板町のひらしま胃腸内科は医療機関との連携を図っております。医療従事者の方はこちらのページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る