内視鏡内科 内科 消化器内科 胃腸内科 ひらしま胃腸・内科|宇都宮市 経鼻胃カメラ検査 大腸内視鏡検査 ピロリ菌除菌 がん検診 特定健診

宇都宮市のひらしま胃腸・内科 経鼻胃カメラ検査 がん検診 特定健診 消化器内科 胃腸内科 内科 内視鏡内科

内科・消化器内科・胃腸内科・内視鏡内科

宇都宮市のひらしま胃腸・内科の診療時間は、月・火・木・金は9:00~12:30、14:30~18:45|土曜は9:00~12:30、14:30~16:30|水曜、日・祝は休診

宇都宮市のひらしま胃腸・内科の電話番号028-657-7117

宇都宮市のひらしま胃腸・内科は駐車場50台をご用意しております

大腸がんについて

日本人の死因で最も多い病気はがんですが、その中でも大腸がんは年々増加しています。
臓器別の死亡者数でも上位に入ります。2012年の統計では男性では肺がん、胃がんについて、3位。女性ではなんと1位です。

大腸がんとはどんな病気なのでしょうか?

大腸ポリープの様な腺腫からがんになるものと、正常粘膜から突然がんが出来るものに分かれますが、大体は腺腫などのポリープを経過してがん化することが多いです。

原因は?遺伝する病気なのでしょうか?

食生活の欧米化に伴い、高脂肪の食生活が大腸がん増加の原因といわれています。
それ以外にも様々な要因が考えられており

  • 運動不足や肥満
  • 野菜や果物をあまり食べない人
  • 肉類、卵、乳製品などの多い食生活をしている人。
  • お酒をたくさん飲む人
  • 便に血が混じることが多い人
  • 便秘と下痢を繰り返す人
  • 家族・親戚の中に大腸がんにかかった人がいる

などが挙げられています。
直接遺伝するわけではないですが、血縁の方に大腸がんの方がいる場合には早めの検査をお勧めしています。
また、大腸にポリープと呼ばれる良性の腫瘍がある人は、中にはがんになる人もいるので、定期的な大腸検査が必要ですね。

症状はどのようにあわられるのでしょうか?

特徴的な症状はありません。よっぽど進行した場合には、血便が見られますが絶対とはいえません。また、下痢や便秘と言った便通異常もひとつのサインですが、必ずしもがんが原因とは言えません。どちらかと言うと進行した直腸がん以外はあまり症状に乏しいので、積極的に検査を受けて頂くことがもっとも重要だと思います。

検査・診断はどのように行うのでしょうか?

スクリーニング方法としては、便潜血が簡便ですが、最も正確なものは、大腸内視鏡です。
おしりからカメラを入れて腸内を直接みていく検査で、恥ずかしいと思われたり、辛いのでは?と思われ、なかなか受け入れられない方もいらっしゃいますが、以前とは違ってかなり検査は楽に出来るようになっています。
大腸内を綺麗にするために下剤を服用頂くなどの手間はありますが、以前とは異なり、飲みやすい下剤や、量も少量でいいものまで選択肢も増えましたので、検査を受けようと思った際には、ご相談頂ければ検査前の不安も解消できると思います。
下剤の種類についてはこちらで紹介しております。

また、不安や痛みがどうしても嫌な人には、軽い麻酔で寝た状態で検査を行えますので、少しでも症状があったり、気になる方は検査をお勧めします。

他には一見簡便に聞こえる、CTコロノグラフィーなどの検査もありますが、事前の下剤服用は行わなければならず、どうせなら治療を兼ねた大腸内視鏡が一度で観察、治療まで出来るのでお勧めですね。

治療はどのように行うのでしょうか?

早期発見出来れば、今はほとんどが内視鏡で根治できます。
以前はたとえ早期がんで見つかっても、大きさや瘢痕(以前に治療した場所の再発)がある場合には、手術になっていたものも、今では大腸カメラだけで治療できるようにもなりました。
また、内視鏡では不十分な場合でも、腹腔鏡といって、お臍の穴と2、3個の穴を開けるだけで腸を切除することも可能になってきています。それでも不十分だったり、発見が遅く転移などのある場合には、開腹手術や抗がん剤の治療になってきます。

無症状のうちに早期発見することが最も重要なことですから、少しでも気になることがあれば、大腸内視鏡をお勧め致します。

病気のコラム
ピロリ菌
逆流性食道炎
機能性ディスペプシア
胃けいれん
胃腸炎
胃潰瘍
過敏性腸症候群(IBS)
大腸がんについて
高血圧
宇都宮市屋板町のひらしま胃腸内科は医療機関との連携を図っております。医療従事者の方はこちらのページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る